fc2ブログ

雛人形・五月人形の修理

xYd2qgcOy7BISmL1610775481_1610775762_convert_20210116144519.jpg

公式ホームページ

DSC_4341_convert_20151109182451.jpg

秀月オリジナル お名前立札

VB6AS7RkqvaX3rW1705803882_1705803922.jpg

クリスタルミラーネームプレート

6PjrutCxgr5PFrF1699182550_1699182726.jpg

オンラインショップ

HSHv5p36A0JLEv11613030617_1613030837.jpg

プロフィール

 一心 

Author: 一心 

人形の秀月/一心
律院 俊恵会

画像・文章等無断転載禁止
古物商許可証取得済

( 店舗&工房 )
438-0083
静岡県
磐田市富士見町1-11-16
電話:0538-31-7864



smItaZ_ehBco4ik1417070828_1417070833.jpg

HP_Il2gl5rbEXOS1477311324_1477311338.jpg

京雛 大橋弌峰 正規販売店
京雛 平安寿峰 正規販売店
真多呂木目込人形正規販売店
映水 市松人形 正規販売店
忠保 鎧/兜/甲冑 正規販売店
京甲冑 一水 正規販売店
徳永こいのぼり 正規販売店
純金製品 正規販売店


適正表示宣言店

t01 (1)

日本赤十字社

bnr_jrcs.jpg

カテゴリー

師 (1)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

厳選されたお気に入り

手わざ足わざ

IMG_2710_convert_20110622185032.jpg 

今日は蒸し暑い一日となりましたが
工房内はそれ以上に熱くなっております。

写真は
子供大将の左右の足です。

実は
この足の状態になるまでにも
既に幾人もの手によって作られております。

その左右の足を胴に付ける
工房では胴組みと呼ばれる作業。

IMG_2712_convert_20110622185055.jpg 

自分の両手両足を
器用?に使い組み立てていきます。

この時点で
ある程度のバランスを取り
釘を打ち込むポイントも見定めます。

IMG_2716_convert_20110622185122.jpg
 

そして
こちらが完成した状態ですが
手を離してもピッ!と立つ様になります。

小さな事ですが
個人的にこの瞬間がたまりません。。。

私のしていた松涛館の空手でいう
後屈立ちをイメージしながら立てていくわけですが
キチッとバランスが取れるとどの大きいさのものでも立つ様になります。

そして
ここから更に別の人の手に渡り
次の作業へと続いていくのですが・・・

ひとつひとつの工程で手を抜いてしまうと
次の人の仕事がしづらくなりやる気も失せてしまい
結果的に必要以上の時間と労力が掛かってしまいます。

立つからどうという事は無いかもしれませんが・・・
こうした目に見えない部分でもしっかりと作り込むこと。

それが 全てに共通し
結果的に信用となるわけです。

工房では
随時見学も可能となっておりますのが
見学をご希望の方は事前にご連絡下さいませ。

ポチッとご協力お願いいたします
     ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

<< 子供を叱るという事 | ホーム | 手仕事 >>


コメント

ピッ!と立つんですね~、カッコいいです!

与勇輝さんの人形を思い出しました^^♪
(はじめてみたとき凄く感動しました)

甘雨さま
ありがとうございます。
目には見えないところで実はというところです。
自分でも感動する瞬間でもあります^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP