FC2ブログ

公式ホームページ

DSC_4341_convert_20151109182451.jpg

オリジナル お名前立札(木札)

A8av228xZsUMc3c1449917723_1449917912.jpg

人形の修理・リメイク

nRViU2L0LyVH_cq1436708891_1436709495.jpg

こども写真館 スタジオアリス

234x60_convert_20160428202933.gif
   
10万円以上のセットご成約のお客様 四ッ切写真とアルバムプレゼント!

求人募集のお知らせ

J77TVVO6brrTYjV1445423866_1445423875_2016062423314708b.jpg

プロフィール

 一心 

Author: 一心 

十六代目 人形の秀月
人形工房 一心
律院 俊惠会

( 店舗/工房 )
437-0065
静岡県袋井市堀越388-2
HondaCars浜松 袋井インター店西側
TEL:0538-43-4633

( 営業時間 )
10:00~17:00
( 定休日 )
5月~10月 土・日・祝日
11月~5月 毎週水曜日
年末年始等



大きな地図を見る

smItaZ_ehBco4ik1417070828_1417070833.jpg

t01.png

十六代目 人形の秀月は
「一般社団法人 日本人形協会」に加盟し、「適正表示優良店看板」制度の認定を受けております。

HP_Il2gl5rbEXOS1477311324_1477311338.jpg

京雛 大橋弌峰 正規取扱店
京雛 平安寿峰 正規取扱店
真多呂 木目込み人形 正規取扱店
映水作  市松人形  正規取扱店
忠保作 鎧・兜・甲冑 正規取扱店
一水作 京甲冑 正規取扱店
徳永こいのぼり 正規取扱店


*画像・文章等の無断転載禁止*

日本赤十字社

bnr_jrcs.jpg

資生堂 子育て応援サイト

カテゴリー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

厳選されたお気に入り

QRコード

QR

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

日本のおかず 京味 西 健一郎

IMG_9744_convert_20131229163212.jpg 

日本のおかず
京味 西 健一郎

数年前に
NHKプロフェッショナル 仕事の流儀
で放映されて感動し購入した一冊の本。

個人的にも
お気に入りの一冊で
おもむろに手に取って読んでいる事も。

はじめに だしのお話
日本料理を作る上で基本的な、そして最も重要な素材です。
と「だしのお話」から始まりいかに「だし」が大切かを説明しています。

「見えないところにも手間をかける」
この言葉にもある通り「だし」もそのひとつでしょう。

そういえば
以前ある方が昼食を御馳走してくださったのですが
最初にその方が作ったお味噌汁をいただいた瞬間に
心の底から「美味しい・・・」と顔がほころんでしまった記憶があります。

特別高級な材料は使っておらず
その方も「だし」の使い方・大切さを話されていました。

後にも先にも
あれほど心を打たれたお味噌汁には会っていません。

話しはそれてしまいましたが・・・
この本の中は写真に説明文が添えられているのですが
その写真だけからでも不思議と美味しさが伝わってくるもの。

なによりのごちそうは
旬の素材を生かした「おかず」

番組中では
お父様の西 音松さんのお話しもされていて
お父様の存在や教えを幾度となく語られていたのも印象的でした。

本のあとがきでは
お嬢様の西 麻里子さんの言葉で
多くの父親は背広姿なのに、自分の父はいつも白衣姿。
幼稚園のお迎えも、遠足の見送りもいつも白衣で登場。
幼少期の私はそんな格好を好きになれずダダをこね両親を困らせた記憶があります。
それでも父は怯まず
毎年の運動会には必ず秋の味覚いっぱいのお弁当を届けてくれていました。
(以下省略させていただきます)

そして本の最後には
昔のおかずには、その季節に美味しくなるもの同士が使われています。
先人の知恵は、本当に素晴らしいものだとつくづく思います。
是非、日本の旬の恵みを生かした、より美味しい料理を食卓に並べ
この食文化を将来の日本に生きるひとたちに伝えてください。
西 健一郎

料理の枠を超え
感動し心打たれた一冊です。

ポチッとご協力お願いいたします
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ 


<< 今年一年お世話になりました | ホーム | 手足師 澤野正 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP