FC2ブログ

展示販売開始のお知らせ

Wly6xlWlVWsst0O1571364000_1571364224.jpg

公式ホームページ

DSC_4341_convert_20151109182451.jpg

オリジナル お名前立札(木札)

A8av228xZsUMc3c1449917723_1449917912.jpg

人形の修理・リメイク

nRViU2L0LyVH_cq1436708891_1436709495.jpg

こども写真館 スタジオアリス

234x60_convert_20160428202933.gif
   
10万円以上のセットご成約のお客様 四ッ切写真とアルバムプレゼント!

求人募集のお知らせ

J77TVVO6brrTYjV1445423866_1445423875_2016062423314708b.jpg

プロフィール

 一心 

Author: 一心 

十六代目 人形の秀月
人形工房 一心
律院 俊惠会

( 店舗/工房 )
437-0065
静岡県袋井市堀越388-2
HondaCars浜松 袋井インター店西側
TEL:0538-43-4633

( 営業時間 )
10:00~17:00
( 定休日 )
5月~10月 土・日・祝日
11月~5月 毎週水曜日
年末年始等



大きな地図を見る

smItaZ_ehBco4ik1417070828_1417070833.jpg

t01.png

十六代目 人形の秀月は
「一般社団法人 日本人形協会」に加盟し、「適正表示優良店看板」制度の認定を受けております。

HP_Il2gl5rbEXOS1477311324_1477311338.jpg

京雛 大橋弌峰 正規取扱店
京雛 平安寿峰 正規取扱店
真多呂 木目込み人形 正規取扱店
映水作  市松人形  正規取扱店
忠保作 鎧・兜・甲冑 正規取扱店
一水作 京甲冑 正規取扱店
徳永こいのぼり 正規取扱店


*画像・文章等の無断転載禁止*

日本赤十字社

bnr_jrcs.jpg

資生堂 子育て応援サイト

カテゴリー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

厳選されたお気に入り

QRコード

QR

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

お雛様 飾り方

HP001_convert_20130222003021.png 

毎年この時期になりますと
メールでご質問いただきます
一般的なお雛様の飾り方となります。

東西の違い等は若干ございますが
基本的な飾り方をご案内させていただきます。

一段目・・・親王様(お内裏様・お雛様)
       金屏風、雪洞、御神酒三宝

二段目・・・三人官女(加之銚子・三宝・長柄銚子)、高坏

三段目・・・五人囃子(太鼓・大皮・小皮・笛・謡)

四段目・・・隋臣(右大臣<若人>・左大臣<老人>)、膳、菱台 

五段目・・・桜、橘(親王から向かって<左近の桜・右近の橘>)
       仕丁(立傘<長柄>・菱台・台傘<平>)

六段目・・・嫁入り道具(葛籠・挟箱・長持・鏡台・針箱・火鉢・台子/お茶道具)

七段目・・・嫁入り道具(御駕籠・重箱・御所車)

となります。

今では住宅事情なので
ここまでのお飾りは少なくなりつつあり
親王飾りまたは3段飾り等が多くなっております。
 
お飾り自体簡略化されたり
お洒落なお道具類になったりと
時代とともに変化しつつありますが
雛祭りでお雛様をお飾りするという風習は
日本の古き良き伝統としていつまでも続いてほしいと願います。
 
人形の秀月
人形工房一心は
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

タグ : 浜松 磐田 袋井 掛川 お雛様 雛人形 飾り方 住宅事情 人形の秀月 一心

<< 広島県広島市のS様とオリジナルお名前立札(木札) | ホーム | 桃花雛 官女付ケース入セット >>


コメント

なるほど、と感心しました

初めまして、一心さん
自分は、京都散策ブログを書いている
ぴのぴなと申します。
雛祭が近づいて、ひな人形の並びを見て
感心してしましました。
自分には妹がいて、昔はよく雛人形を飾りました。
(何年も前に、嫁いでいきましたが)
自分も雛飾りを手伝ったのですが、
よく間違えて母に注意されていました。
……とはいえ、ウチのは
ガラス製のショーケースに入っている簡略版でしたが。
こちらに書かれた5段目がありません。
(左近の桜、右近の橘はありました)
昨年、少し遠いのですが桂離宮前の
「中村軒」という和菓子屋できれいに飾った雛人形を見て、
(毎年ここは喫茶室に雛人形と五月人形を飾ります)
それで7段あることを初めて知ったくらいですし……
こういうのは、やはり「知っていいて当たり前」という
状態にしておかないとだめなのでしょうね。

Re

ぴのぴなさま
こんにちは^^
ありがとうございます。
今では新品でここまで大きなお雛様を
目にする事も少なくなってきてしまいました・・・
時代の流れですね。
ぴのぴなさんのおっしゃられる通り
時折、和菓子屋さんやロビーなどで見かける事もありますが
やはり昔ながらの赤い毛氈のお飾りは「雛祭り」という感じがして良いものです。
お飾りを「知っていて当たり前」という事はございませんのでご安心を。
お飾り自体は時代により変わっていきます。
もちろんそれぞれのお飾りに意味はありますが
それよりも大切な事は「なぜ雛祭りをするか、なぜお雛様をお飾りするか」という事だと思います。
それが無くなってしまうとただの「形だけ」という事になってしまいますので。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP