fc2ブログ

雛人形・五月人形の修理

xYd2qgcOy7BISmL1610775481_1610775762_convert_20210116144519.jpg

公式ホームページ

DSC_4341_convert_20151109182451.jpg

秀月オリジナル お名前立札

VB6AS7RkqvaX3rW1705803882_1705803922.jpg

クリスタルミラーネームプレート

6PjrutCxgr5PFrF1699182550_1699182726.jpg

オンラインショップ

HSHv5p36A0JLEv11613030617_1613030837.jpg

プロフィール

 一心 

Author: 一心 

人形の秀月/一心
律院 俊恵会

画像・文章等無断転載禁止
古物商許可証取得済

( 店舗&工房 )
438-0083
静岡県
磐田市富士見町1-11-16
電話:0538-31-7864



smItaZ_ehBco4ik1417070828_1417070833.jpg

HP_Il2gl5rbEXOS1477311324_1477311338.jpg

京雛 大橋弌峰 正規販売店
京雛 平安寿峰 正規販売店
真多呂木目込人形正規販売店
映水 市松人形 正規販売店
忠保 鎧/兜/甲冑 正規販売店
京甲冑 一水 正規販売店
徳永こいのぼり 正規販売店
純金製品 正規販売店


適正表示宣言店

t01 (1)

日本赤十字社

bnr_jrcs.jpg

カテゴリー

師 (1)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

厳選されたお気に入り

弓太刀揃い

 DSC_7997_convert_20140414223547.jpg

こちら
五月人形の脇に飾られる
弓太刀揃いの太刀になります。

種類も様々で
実はひとつのお飾りを仕上げるのに
「あの弓太刀揃いを・・・」と気を遣うもの。

それは
作りであったり
デザインであったり
配色であったりと色々です。

量販店などのお店では
そこまで気を遣う事はないかもしれませんが
たとえ脇に飾るものであってもきちんとこだわりたいので。

写真は
個人的にもお気に入りの
弓太刀揃いの太刀になります。

東京は浅草近くに住む
代々弓太刀を創っている職人さんが手掛けるもの。

プラスチック類は
一切使用しておらず
ひとつひとつ手作りで仕上げられています。

配色や質感
曲線までも美しく
一目惚れしてしまいました。

その方の弓太刀飾りを使いたいが為に
直接お話ししたく直接工房まで伺ったものです。
(それ以前に父は使用していたのですが・・・)

これだけ美しいものを創る方は
どういった方なのだろう・・・とこの目で確かめたくて。

話せば
生粋の江戸っ子の職人さんですので
独特のニュアンスが感じ取れるのですが
決して乱暴ではなく丁寧な言葉使いで上品さが伺えます。

作品には
その人柄が表れると言いますが・・・納得。

それ以来
これはという物に対しては
積極的に使わせていただいております。

他社の方と話すと
「たかが弓太刀で・・・」
と言われてしまいますが。

その「たかが」にこだわりを持って
代々創られている職人さんがいるのですから。

もちろん
諸事情により
全てとはいきませんが
そうした方々を大切にせねばと。

そして
美しいものに対しては
純粋に美しいと感じる人でありたいものです。

十六代目 人形の秀月/一心は
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


◆浜松・磐田・袋井・森町・掛川・菊川・御前崎・静岡で人形のことなら・・・
 
 十六代目 人形の秀月/一心


【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、JCB、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・森町・掛川・菊川・豊橋
  遠くは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


<< 美しい三ツ鍬形の兜 | ホーム | 兜飾り 徳川家康公 >>


コメント

こんにちは!

一心様
素晴らしいお写真ですね?私の父が、立派な剣や兜をもっていました。飾ると、素晴らしいです。実家は、古い家なので、こういうものに相応しい部屋があるのですよね?父は、洋物の好きでしたが、やはり、私も、日本の本物の美に、強く心を打たれます。一生ものですし、経年と共に味がでるのではないですか?
なお、最後の一文、同感です。
私の場合、ドジ(・・・)なのが、欠点ですが(汗・・)・・。
素晴らしいブログを、ありがとうございました。

Re

ラ・シェリーヌ様
こんにちは。お久しぶりです。
ありがとうございます。相棒が活躍してくれるので助かります。
「日本の美」いいですよね。
そうしたものを見抜く審美眼を養いたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP