FC2ブログ

公式ホームページ

DSC_4341_convert_20151109182451.jpg

オリジナル お名前立札(木札)

A8av228xZsUMc3c1449917723_1449917912.jpg

人形の修理・リメイク

nRViU2L0LyVH_cq1436708891_1436709495.jpg

こども写真館 スタジオアリス

234x60_convert_20160428202933.gif
   
10万円以上のセットご成約のお客様 四ッ切写真とアルバムプレゼント!

求人募集のお知らせ

J77TVVO6brrTYjV1445423866_1445423875_2016062423314708b.jpg

プロフィール

 一心 

Author: 一心 

人形の秀月
人形工房 一心
律院 俊惠会

( 店舗/工房 )
437-0065
静岡県袋井市堀越388-2
HondaCars浜松 袋井インター店西側
TEL:0538-43-4633

( 商時間 )
10:00~18:00
( 休商日 )
5月~10月 土・日・祝日
11月~5月 毎週水曜日
年末年始等



大きな地図を見る

smItaZ_ehBco4ik1417070828_1417070833.jpg

t01.png

人形の秀月は
「一般社団法人 日本人形協会」に加盟し、「適正表示優良店看板」制度の認定を受けております。

HP_Il2gl5rbEXOS1477311324_1477311338.jpg

京雛 大橋弌峰 正規取扱店
京雛 平安寿峰 正規取扱店
真多呂 木目込み人形 正規取扱店
映水作  市松人形  正規取扱店
忠保作 鎧・兜・甲冑 正規取扱店
一水作 京甲冑 正規取扱店
徳永こいのぼり 正規取扱店


*画像・文章等の無断転載禁止*

日本赤十字社

bnr_jrcs.jpg

資生堂社会福祉事業財団

カテゴリー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

厳選されたお気に入り

QRコード

QR

RSSリンクの表示

Translate

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ちょっとした職人技の着用兜創り

IMG_5936_2018090518234295f.jpg 

工房は
台風に負けず
暑さにも負けず
フル稼働状態です。

写真は
着用兜の
制作風景の一コマ。

秀月オリジナルの
鉄片の合わせ鉢の着用兜に
穴を開けて眉庇(まびさし)を取り付けるところ。

一般的な着用兜より
ひと回り大きな着用兜で
なおかつ鉄片を矧ぎ合せた合わせ鉢
の着用兜となりますので制作するのにも気合が必要です。

写真の様に
手仕事になりますので
ひとつの穴を開けるのにも
ただ力が強ければ良いという訳にはいきません。

以前
私よりも年上で
空手仲間の男性に
手伝いでやってもらいましたが
両手で顔を真っ赤にしながらやって
やっとひとつの穴が開けれるかどうかでした。

一般的には
こうなるのが普通ですので。

写真にも写っている
穴を開ける工具の刃先は
鋭利に手入れされている事はもちろんの事で
刃先が鉄片に当たった時の感触を手で感じながら
とっさに角度を調整し一瞬の瞬発力で開けていきます。

その時に
手でも指先でもなく
刃先に神経を集中させているので
刃先が指先の感覚と同じ状態になってまして。

感覚で
ポイントが決まれば
あとは迷う事無く一瞬に力を入れるのみ。

ここで迷うと
穴が開くどころか
変な風に凹むか曲がってしまい
開いたとしてもグダグダな雑な穴になって
次に通すボルトやネジが引っかかって通りづらくなりますので。

こう書くと
頭では分かるのですが
実際にやってみると出来ない人が殆どで。。。

上手く開くと
パコッ!と良い音がするので
慣れてくると音を聞いただけで分かる様になります。

若かりし頃
父からはよく
「おい!仕事はいつも10本の指全てに神経を集中させてろ!!」
と叱られたものですが・・・今となればその意味がよく分ります。

10本の指どころか
頭の先から足の先までですね。

簡単そうに聞こえる瞬発力も
実際は全身を使っての瞬発力です。

見えているのは
腕だけですので
腕だけの力だと思われる様で。

若かりし頃(今でも)は
そうした事でよく父によく叱られました。

ただ
叱られる事と
怒られる事は違いますので。

面と向かって
褒められる事はありませんが
それくらいは当たり前のことですので。

優しさと
甘さの違い
でもありますね。

その仕事を
生業としていくのであれば
それくらいの事は理解せねばなりません。

毎回の事ながら
話しは脱線してしまいましたが
そんな私が影ながら支えてくれる方々と創っており
接客させていただく時は失礼ながらも前掛けをしたまま
私自身が直接ご案内させていただいておりますので。。。

何処の誰が
作ったものか
分からないものよりも
実際に創ったり仕上げた本人が
直接ご案内させていただく事ほど
お客様にとってもそれ以上の信用はないのではないかなと。

そんな事を思いながら
日々工房で黙々と創り続けております。

母には
「あんたまだ若造なんだよ」
と鼻で笑われますが・・・

実際父が
「どれ。ちょっと貸してみろ」
といって兜や人形を渡すと
完成するものは納まりが良くて。

兜ひとつにしても
まだまだ父には敵わないものだなと。

十六代目 人形の秀月/一心


◆浜松・磐田・袋井・森町・掛川・菊川・御前崎・静岡で人形のことなら・・・
 
 十六代目 人形の秀月/一心


【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、JCB、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・森町・掛川・菊川・豊橋
  遠くは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 五月人形 着用兜 兜作り 職人 職人技 伝統 生業 人形の秀月

<< 四国出張 大塚国際美術館 | ホーム | 掛川市のY様より嬉しいお写真 秀月オリジナルの着用兜 徳川家康公 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP