fc2ブログ

雛人形・五月人形の修理

xYd2qgcOy7BISmL1610775481_1610775762_convert_20210116144519.jpg

公式ホームページ

DSC_4341_convert_20151109182451.jpg

秀月オリジナル お名前立札

VB6AS7RkqvaX3rW1705803882_1705803922.jpg

クリスタルミラーネームプレート

6PjrutCxgr5PFrF1699182550_1699182726.jpg

オンラインショップ

HSHv5p36A0JLEv11613030617_1613030837.jpg

プロフィール

 一心 

Author: 一心 

人形の秀月/一心
律院 俊恵会

画像・文章等無断転載禁止
古物商許可証取得済

( 店舗&工房 )
438-0083
静岡県
磐田市富士見町1-11-16
電話:0538-31-7864



smItaZ_ehBco4ik1417070828_1417070833.jpg

HP_Il2gl5rbEXOS1477311324_1477311338.jpg

京雛 大橋弌峰 正規販売店
京雛 平安寿峰 正規販売店
真多呂木目込人形正規販売店
映水 市松人形 正規販売店
忠保 鎧/兜/甲冑 正規販売店
京甲冑 一水 正規販売店
徳永こいのぼり 正規販売店
純金製品 正規販売店


適正表示宣言店

t01 (1)

日本赤十字社

bnr_jrcs.jpg

カテゴリー

師 (1)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

厳選されたお気に入り

おついたち詣り

DVC00039_convert_20151002175006_202308012051489d6.jpg

今朝は午前中
少し遅めの時間帯におついたち詣りへ。

道中
秋祭りへ向けて
屋台の虫干しをしていたり
青年が集まってワイワイと賑やかにしている姿を見ると
見ているこちらもなんだか楽しくなってしまいますね。

「もうそういう時期なんだ…」
と思いながら信号待ちで屋台を眺めたりしていました。

地域によって
様々な意味を持つお祭りですが
後世に伝える為にも飲み会の様なお祭りにはなってほしくないものですね。

そういえば
屋台の笛吹きさんは
食事やタクシー代を払って他所から呼んだりする事もあるそうですが
地元の子供たちが「やってみたい!」と言っても流派云々等の大人の都合で
教えてもくれなければ何処に行けば教えてくれるかという情報さえなく
とても閉鎖的なところがあり「なり手がいない」と言っては毎回お金を使って呼ぶのもどうかなと。

事情は様々かとは思いますが
子供達の純粋に「やってみたい」
という気持ちの芽を摘んでしまうのは残念ですね。

さて
今日も小國神社は
一日という事と日曜日
さらにはそれほど暑くないという事で
多くの参拝者で賑わっていました。

七五三詣りの方もいて
見ているだけで可愛らしく
こちらもつい笑顔になってしまいますね。

ご家族でいらっしゃったり
お祖父ちゃんお祖母ちゃんも一緒に来たり。

三歳の子は
未だ訳も分からず着物を着て
お化粧をしてもらっておすましで可愛らしく
七歳になると少し大人っぽさも出て綺麗に。

そういう姿を見ると
つい我が子を思い出してしまいます。

三歳の男の子は
大き目の紋付き袴でおすましで可愛いく
五歳になるとちょっとわんぱくっとさもあると「お!」と思ったりもしますね。

七五三は
初節句等を含め人生儀礼のひとつで
子供の成長に感謝し今後の健康や幸せを願う行事。

三歳の「髪置の儀」
五歳の「袴着の儀」
七歳の「帯解の儀」
の風習がその由来とされ
男児は三歳と五歳で女児は三歳と七歳になると
11月15日に晴着を着せて氏神様へお参りします。

五歳男児の晴れ着は
大人の第一礼装と同様に
紋付の羽織と着物・袴を着用。

三歳男児の羽織は袖なしです。

七歳女児の晴れ着は
友禅総柄の四つ身仕立ての着物に帯を結び
しごきを腰に飾るのが一般的。

三歳の女児は
着物に共布の被布を羽織るか帯を結びます。

ちなみに
七五三に食べる紅白の千歳飴は
長寿にちなんで細長い形状に作られています。

そういう姿を見ながら
いつもの様にお礼を述べ
いつもの様に御神籤を。

今月の教え
「二十五歳まで学べ。四十歳まで研究せよ。六十歳までに全うせよ」

今月は
意味深いお言葉で
ずっと学びだけの様な気がします。

そして
お昼は美味しい「ざうどん」をいただいて
もうすぐ改装が終了するお店へと向かいました。

開店準備や制作もありますので
なにかとバタバタとする月になりそうです。

伝えたい日本の心 美しい伝統
人形師 甲冑師 十七代目 人形の秀月

浜松・磐田・袋井・森町・掛川・菊川・御前崎・静岡で羽子板・破魔弓・雛人形・五月人形・鎧・兜・甲冑・鯉のぼり・市松人形なら・・・
 
         十六代目 人形の秀月


【店舗住所】 静岡県磐田市富士見町1-11-16
【電話】0538-31-7864
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗前に完備
【取扱いカード】VISA、JCB、MASTER、AMEX、DINERS

オンラインストア
当店へのアクセス
当店のホームページ
インスタグラム

☆浜松・浜北・磐田・袋井・森町・掛川・菊川・豊橋
  遠くは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : おついたちおついたち詣り周智郡森町一宮小國神社小国神社御神籤七五三人生儀礼人形の秀月

<< 美しいお雛様の衣裳 | ホーム | 御守護鎧 真鍮製 純金鍍金仕上げ 奉納鎧 伊達政宗公 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP