fc2ブログ

秀月オリジナル お名前立札

VB6AS7RkqvaX3rW1705803882_1705803922.jpg

クリスタルミラーネームプレート

6PjrutCxgr5PFrF1699182550_1699182726.jpg

オンラインショップ

HSHv5p36A0JLEv11613030617_1613030837.jpg

公式ホームページ

DSC_4341_convert_20151109182451.jpg

雛人形・五月人形の修理

xYd2qgcOy7BISmL1610775481_1610775762_convert_20210116144519.jpg

こども写真館 スタジオアリス

プロフィール

 一心 

Author: 一心 

人形の秀月
律院 俊惠会

画像・文章等無断転載禁止
古物商許可証取得済

( 店舗&工房 )
438-0083
静岡県
磐田市富士見町1-11-16
電話:0538-31-7864



smItaZ_ehBco4ik1417070828_1417070833.jpg

HP_Il2gl5rbEXOS1477311324_1477311338.jpg

京雛 大橋弌峰 正規販売店
京雛 平安寿峰 正規販売店
真多呂木目込人形正規販売店
映水 市松人形 正規販売店
忠保 鎧/兜/甲冑 正規販売店
京甲冑 一水 正規販売店
徳永こいのぼり 正規販売店
純金製品 正規販売店


適正表示宣言店

t01 (1)

日本赤十字社

bnr_jrcs.jpg

カテゴリー

師 (1)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

厳選されたお気に入り

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

襖絵

kasuisai2.jpg

「 獅子図 / 鐵心 」

写真は
師でもある義理父様が
静岡県袋井市にある
曹洞宗 秋葉総本山 可睡斎
の襖に描いた獅子図です。

可睡斎とは
11代目の住職仙麟等膳(せんりんとうぜん)和尚は
幼い徳川家康とその父を戦乱の中から救い出しかくまいました。
その後、浜松城主になられた徳川家康は、親しく和尚を招いて旧恩を謝し
その席上でコクリコクリと無心にいねむりをする和尚を見て徳川家康はにっこりとされ
「和尚我を見ること愛児の如し。故に安心して眠る。
 われその親密のの情を喜ぶ、和尚、眠るべし」
と申されました。
それ以来、仙麟等膳(せんりんとうぜん)和尚は「可睡和尚」と称され
後に寺号も「可睡齋」と改められました。
また、仙麟等膳和尚の時代、徳川家康公の帰依を受けて
天正11年(1583年)に東海4ヶ国(駿河・遠江・三河・伊豆(一部))の僧録司となりした。
可睡斎HPより)

まだ私も若かりし頃
描いている最中にお邪魔させてただき
実際にこの目で見させていただきました。

襖を外し床に置き
その上から描き始めます。

驚く事に
下書きも無く一発勝負。

既に枠も付き
完成されている襖なので失敗は許されません。

それでもいつもと変わらず
淡々と描き続けついに完成となりました。

そして
もうひとつの図である

kasuisai1.jpg

「 牡丹図 / 鐵心 」

まさに圧巻です。

一度お聞きしたことがあるのですが
「義理父さん、こういうのを描くって大変じゃないですか?」
今思えば実に単純で失礼な事だったかもしれませんが・・・
義理父様は何も言わずいつもと変わらず穏やかにニコッと。

私個人の解釈ですが

「 静の中の動 」

実際に描いているところを
この目で見て空気を感じられる貴重な体験でした。

可睡斎では
各種体験や精進料理もいただけるので
その際にご覧になられてはいかがでしょうか。

実際に襖絵をご覧になられる際は
一度お電話されてからの方がよろしいかと思います。

ポチッとご協力お願いいたします
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

タグ : 一心人形の秀月鐵心袋井市可睡斎

<< ミーティング | ホーム | 蛙殿 その後・・・ >>


コメント

こんにちは。

一心さま、はじめまして。
またブログへの訪問&コメント有難うございます。
義理父さまの絵は圧巻です。実物を見ると「圧巻」さをこの身で感じることが出来るのでしょうね。
静けさの中にも力強さを感じます。

にゃ~リンガルの独り言さま
こんばんは。
こちらこそありがとうございます。
実物はまさに圧巻です。
でもどことなく優しさがあり強さもある。
義理父様の人柄を表しているようです。

義理父様の襖絵・・・
素晴らしいの一言につきますね!

失敗のゆるされない一発描きでも
いつもと何ら変わらない平常心・・・

べんきょうさせていただきましたm(__)m

甘雨さま
まさに平常心です。
心の状態が画に表れてしまうとの事で常に穏やかでありながらも内に秘めた強さがありました。
禅の域に達していたと思います。
私にはとても真似できない大作の一発描きですが師はそれを愉しんでおられました^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP